世の中のどんなキャッシング会社にも、必ず審査はあります。
ゆえに申し込んでも審査に通らなければ、そのキャッシングは利用できないのです。
それでは会社はどうして審査を行うのかというと、貸したお金は利子を付けて確実に返してもらわなければ商売が成り立たないからです。
たとえば、もしも無職の専業主婦で定期収入が一円もない人に融資するとなると、どう考えても返済してもらえない危険が高いのです。
ですから、そんな人は軽々しく審査に通すわけにはいかないのです。
また、たとえ定期収入があったとしても、その収入の金額が低ければ低いほど審査には不利になります。
キャッシング会社も無審査で全ての消費者に融資をすれば利益が高くなるのですが、現実には貸し倒れのリスクは避けられませんので、審査は行わざるを得ないのです。
つまりキャッシング会社としては顧客は一人でも多いほうがいいのですが、その一方で、貸し倒れのリスクは少しでも低く抑えたいのです。
ですから審査の難易度を低くするためには、金利を高く設定するなど何らかの対策を立てなければならなくなるのです。
逆に金利を少しでも低くしようと思えば、審査の難易度を高くして消費者を厳格に選別し、融資の安全性を高めなければならなくなるのです。
結論を言うと、属性の高い人ほど審査に通る可能性は高くなります。
属性が高い人というのは、別な言い方をするなら、「返済能力や社会的信用力が高い人」ということです。
参考サイト⇒http://www.mitaakira.com/
このポイントだけは覚えておきましょう。